活性酸素の生成や消去に関わる遺伝子の遺伝的解析

 酸素は我々の生存に必須だが、酸素の一部は、代謝の課程で活性酸素を生じる。
 活性酸素は老化・生活習慣病などの種々の疾患を促進する危険因子である。活性酸素は主にミトコンドリアから生じると考えられているが、実際にどのような遺伝子が活性酸素の生成や消去に関与しているかは、あまり明らかではない。
 当研究室では、酸化ストレス防御機構を解析するため、線虫(C. elegans)や出芽酵母(S. cerevisiaeより活性酸素高感受性または抵抗性変異株を多数分離している。とくに、寿命変動を伴う変異株を優先的に解析し、すでにいくつか原因遺伝子の同定に成功している。なぜ、活性酸素に対する感受性や寿命が変化するのかを、遺伝子レベルで解析している。