-論文発表-
2017年
・Takauji Y, Kudo I, En A, Matsuo R, Hossain MN, Nakabayashi K, Miki K, Fujii M and Ayusawa D. GNG11 (G-protein ɤ
sununit 11) suppresses cell growth with induction of reactive oxygen species and abnormal nuclear morphology in human SUSM-1 cells. Biochem Cell Biol. 2017 Apr

・Matsuo R, Mizobuchi S, Nakashima M, Miki K, Ayusawa D and Fujii M. Central roles of iron in the regulation of oxidative stress in the yeast Saccharomyces cerevisiae. Currt Genet. 2017 Mar

2016年
・Awaya A. Suppressive influence of seasonal influenza epidemic on Kawasaki disease onset. Jpn. J. Clin. Immunol. 2016, 6, 528-537.

・Hossain MN, Azim DA, Ayusawa D, Sarkar AK and Ferdous T. Evaluation of poly herbal formulation in the management of Acne and Melasma. Int J Ayu Pharm Chem. 2016 Nov 16.

・Takauji Y, Morino K, Miki K, Hossain MN, Ayusawa D and Fujii M. Chyawanprash, a formulation of traditional Ayurvedic medicine, shows a protective effect on skin photoaging in hairless mice. J Integrative Medicine. 2016, 14,473-479.

・Takauji Y, Miki K, Mita J, Hossain MN, Yamauchi M, Kioi M, Ayusawa D and Fujii M. Triphala, a formulation of traditional Ayurvedic medicine, shows protective effect against X-radiation in HeLa cells. J Biosci. 2016, 41, 569-575.

・Kudo I, Nozawa M, Miki K, Takauji Y, En A, Fujii M and Ayusawa D. Dual roles of ERK1/2 in cellular senescence induced by excess thymidine in HeLa cells. Exp Cell Res. 2016, 346:216-223.

・Takauji Y, En A, Miki K, Ayusawa D and Fujii M. Combinatorial effects of continuous protein synthesis, ERK-signaling, and reactive oxygen species on induction of cellular senescence. Exp Cell Res. 2016, 345:239-46.

Rumi Arai, Atsuki En, Ryo Ukekawa, Kensuke Miki, Michihiko Fujii, Dai Ayusawa. Aberrant localization of lamin B receptor (LBR) in cellular senescence in human cells. Biochem Biophys Res Commun
2016, 473:1078-83.

Takauji Y, Wada T, Takeda A, Kudoh I, Miki K, Fujii M and Ayusawa D. Restriction of protein synthesis abolishes senescence features at cellularand organismal levels. Sci Rep. 2016, 6:18722.

Yamakami Y, Yonekura R, Matsumoto Y, Takauji Y, Miki K, Fujii M and Ayusawa D. High concentrations of NaCl induce cell swelling leading to senescence in human cells. Mol Cell Biochem. 2016, 411:117-25.

2015年

Sattya Narayan Talukdar, Dai Ayusawa, Md. Rasel Al Mahmud, Mohammad Nazir Hossain. D4476, a cell-permeant inhibitor of CK1, potentiates the action of Bromodeoxyuridine in inducing senescence in HeLa cells. Biojournal of Science and Technology. 2015 jan 15

2014年
Yamakami Y, Miki K, Yonekura R, Kudo I, Fujii M, Ayusawa D. Molecular basis for premature senescence induced by surfactants in normal human cells. Biosci Biotechnol Biochem. 2014,78(12):2022-9.

Awaya A, Nishimura C.  A combination of cross correlation andtrend analyses reveals that Kawasaki disease is a pollen-induced delayed-typehyper-sensitivity disease. Int J Environ Res Public Health. 2014 Mar 4;11(3):2628-41.

2012年
Ueno S, Yasutake K, Tohyama D, Fujimori T, Ayusawa D, Fujii M. Systematic screen for genes involved in the regulation of oxidative stress in the nematode Caenorhabditis elegans. Biochem Biophys Res Commun. 2012,420(3):552-7.

Kobayashi Y, Lee SS, Arai R, Miki K, Fujii M, Ayusawa D. ERK1/2 mediates unbalanced growth leading to senescence induced by excess thymidine in human cells.Biochem Biophys Res Commun. 2012,425(4):897-901.

Akira Awaya and Koji Murayama. Positive correlation between Japanese cedar pollen numbers and the development of Kawasaki disease.The Open Allergy Journal, 2012, 5, 1-10

2011年

・Fujii M, Shikatani K, Ogura K, Goshima Y, Ayusawa D. Mutation in a mitochondrial ribosomal protein causes increased sensitivity to oxygen with decreased longevity in the nematode Caenorhabditis elegans. Genes Cells. 2011,16(1):69-79.


Yamakami Y, Miki K, Endoh M, Yonekura R, Ukekawa R, Kobayashi Y, Fujii M, Ayusawa D. Sublethal doses of surfactants induce premature senescence in normal human skin cells. Biosci Biotechnol Biochem. 2011,75(7):1395-8.

Takayama S, Fujii M, Nakagawa Y, Miki K, Ayusawa D. N-terminal short fragment of TUP1 confers resistance to 5-bromodeoxyuridine in the yeast Saccharomyces cerevisiae. Biochem Biophys Res Commun. 2011,411(1):25-31.

Fujii M, Yasuda K, Hartman PS, Ayusawa D, Ishii N. A mutation in a mitochondrial dehydrogenase/reductase gene causes an increased sensitivity to oxidative stress and mitochondrial defects in the nematode Caenorhabditis elegans.Genes Cells. 2011,16(10):1022-34.

2010年

・Fujii M,Miki K,Takayama S,Ayusawa D. Identification of genes that affect sensitivity to 5-bromodeoxyuridine in the yeast Saccharomyces cerevisiae. Mol Genet Genomics. 2010,283(5):461-8.

Miki K, Shimizu M, Fujii M, Takayama S, Hossain MN, Ayusawa D. 5-bromodeoxyuridine induces transcription of repressed genes with disruption of nucleosome positioning. FEBS J. 2010,277(21):4539-48.

2009年
・Fujii M, Adachi N, Shikatani K, Ayusawa D. [FeFe]-hydrogenase-like gene is involved in the regulation of sensitivity to oxygen in yeast and nematode. Genes Cells. 2009 ,14(4):457-68.

・Endoh M, Kobayashi Y, Yamakami Y, Yonekura R, Fujii M, Ayusawa D. Coordinate expression of the human pregnancy-specific glycoprotein gene family during induced and replicative senescence. Biogerontology. 2009,10(2):213-21.

2008年
・Kobayashi Y, Sakemura R, Kumagai A, Sumikawa E, Fujii M, Ayusawa D.Nuclear swelling occurs during premature senescence mediated by MAP kinases in nomal human fibroblasts. Biosci Biotechnol Biochem. 2008, 72(4): 1122-5.

・Miki K, Shimizu M, Fujii M, Hossain MN, Ayusawa D. 5-Bromouracil disrupts nucleosome positioning by inducing A-form-like DNA conformation in yeast cells. Biochem Biophys Res Commun. 2008, 368(3): 662-9.

・Kurosawa A, Koyama H, Takayama S, Miki K, Ayusawa D, Fujii M, Iiizumi S, Adachi N. The requirement of Artemis in double strand break repair depends on the type of DNA damage. DNA Cell Biol. 2008, 27(1): 55-61.

2007年
・Takayama S, Fujii M, Kurosawa A, Adachi N, Ayusawa D. Overexpression of HAM1 gene detoxifies 5-bromodeoxyuridine in the yeast Saccharomyces cerevisiae. Curr Genet. 2007, 52(5-6): 203-11.

・Arivazhagan P, Ayusawa D. Cardiolipin activates MAP kinases during premature senescence in normal human fibroblasts. Biogerontology. 2007, 8(6): 621-6.

・Endoh M, Miki K, Hossain MN, Fujii M, Ayusawa D. 5-Bromodeoxyuridine increases transient expression of ectopic genes in human cells. Biosci Biotechnol Biochem. 2007, 71(4):1098-102.

・Hossain MN, Fujii M, Miki K, Endoh M, Ayusawa D. Downregulation of hnRNP C1/C2 by siRNA sensitizes HeLa cells to various stresses. Mol Cell Biochem. 2007, 296(1-2): 151-7.

・Ukekawa R, Miki K, Fujii M, Hirano H, Ayusawa D. Accumulation of multiple forms of lamin A with down-regulation of FACE-1suppresses growth in senescent human cells.Genes Cells. 2007, 12(3): 397-406.

2006年
・Arivazhagan P, Ayusawa D, Panneerselvam C. Protective efficacy of alpha-lipoic acid on acetylcholinesterase activity in aged rat brain regions. Rejuvenation Res. 2006, 9 (2): 198-201.

・Hossain MN, Sakemura R, Fujii M, Ayusawa D. G-protein gamma subunit GNG11 strongly regulates cellular senescence. Biochem Biophys Res Commun. 2006, 351(3): 645-50.

・Fujii M, Kawai Y, Endoh M, Hossain MN, Nakabayashi K, Ayusawa D. Expression of RAB27B is up-regulated in senescent human cells. Mech Ageing Dev. 2006, 127(7): 639-42.

2005年
・Fujii M, Tanaka N, Miki K, Hossain MN, Endoh M, Ayusawa D. Uncoupling of longevity and paraquat resistance in mutants of the nematode Caenorhabditis elegans. Biosci Biotechnol Biochem. 2005, 69(10):2015-8.

・Sumikawa E, Matsumoto Y, Sakemura R, Fujii M, Ayusawa D. Prolonged unbalanced growth induces cellular senescence markers linked with mechano transduction in normal and tumor cells. Biochem Biophys Res Commun. 2005, 335(2): 558-65.

・Minagawa S, Nakabayashi K, Fujii M, Scherer SW, Ayusawa D. Early BrdU-responsive genes constitute a novel class of senescence-associated genes in human cells. Exp Cell Res. 2005, 304(2): 552-8.

2004年
・Ukekawa R, Maegawa N, Mizutani E, Fujii M, Ayusawa D. Proteasome inhibitors induce changes in chromatin structure characteristic of senescent human fibroblasts. Biosci Biotechnol Biochem. 2004, 68(11): 2395-7.

・Arivazhagan P, Mizutani E, Fujii M, Ayusawa D. Cardiolipin induces premature senescence in normal human fibroblasts. Biochem Biophys Res Commun. 2004, 323(3): 739-42.

・Minagawa S, Nakabayashi K, Fujii M, Scherer SW, Ayusawa D. Functional and chromosomal clustering of genes responsive to 5-bromodeoxyuridine in human cells. Exp Gerontol. 2004, 39(7): 1069-78.

・Joguchi A, Fujii M, Ayusawa D. Increased catalase activity in mouse cell mutants resistant to paraquat. Biogerontology. 2004, 5(3): 193-200.

・Satou W, Suzuki T, Noguchi T, Ogino H, Fujii M, Ayusawa D. AT-hook proteins stimulate induction of senescence markers triggered by 5-bromodeoxyuridine in mammalian cells. Exp Gerontol. 2004, 39(2): 173-9.

・Satou W, Tanimoto H, Ukekawa R, Fujii M, Ayusawa D. Amplification of nuclear aldolase A in mouse cell mutants resistant to Hoechst33342. Biochem Biophys Res Commun. 2004, 315(4): 845-9.

・Fujii M, Matsumoto Y, Tanaka N, Miki K, Suzuki T, Ishii N, Ayusawa D. Mutations in chemosensory cilia cause resistance to paraquat in nematode Caenorhabditis elegans. J Biol Chem. 2004, 279(19): 20277-82.

・Awaya A, Sahashi N. The etiology of Kawasaki disease: Does intense release of pollen induce pollinosis in constitutionally allergic adults, while constitutionally allergic infants develop Kawasaki disease? Biomedicine & Pharmacotherapy, 2004 Mar;58(2):136-40.

2003年
・Awaya A, Watanabe K, Kato S.
Individuals exhibiting conspicuous nevi (lentigo simplex) are resistant to allergic rhinitis/conjunctivitis (pollinosis), but those who do not show increased susceptibility to pollinosis. Microbiol Immunol. 2003;47(1):101-3.

2002年
・Lettice LA, Horikoshi T, Heaney SJ, van Baren MJ, van der Linde HC,Breedveld GJ, Joosse M, Akarsu N, Oostra BA, Endo N, Shibata M, Suzuki M, Takahashi E, Shinka T, Nakahori Y, Ayusawa D, Nakabayashi K, Scherer SW, Heutink P, Hill RE, Noji S. Disruption of a long-range cis-acting regulator for Shh causes preaxial polydactyly. Proc Natl Acad Sci U S A. 2002, 99:7548-53.

・Ogino H, Satou W, Fujii M, Suzuki T, He Y, Michishita E, Ayusawa D. The human MYOD1 transgene is suppressed by 5-bromodeoxyuridine in mouse myoblasts. J Biochem (Tokyo). 2002, 132(6): 953-9.

・Suzuki T, Fujii M, Ayusawa D. Demethylation of classical satellite 2 and 3 DNA with chromosomal instability in senescent human fibroblasts. Exp Gerontol. 2002, 37(8-9): 1005-14.

・Michishita E, Kurahashi T, Suzuki T, Fukuda M, Fujii M, Hirano H, Ayusawa D. Changes in nuclear matrix proteins during the senescence-like phenomenon induced by 5-chlorodeoxyuridine in HeLa cells. Exp Gerontol. 2002, 37(7): 885-90.

・Joguchi A, Otsuka I, Minagawa S, Suzuki T, Fujii M, Ayusawa D. Overexpression of VDUP1 mRNA sensitizes HeLa cells to paraquat. Biochem Biophys Res Commun. 2002, 293(1): 293-7.

・Fujii M, Ito H, Hasegawa T, Suzuki T, Adachi N, Ayusawa D. 5-Bromo-2'-deoxyuridine efficiently suppresses division potential of the yeast Saccharomyces cerevisiae. Biosci Biotechnol Biochem. 2002, 66(4): 906-9.

・Michishita E, Matsumura N, Kurahashi T, Suzuki T, Ogino H, Fujii M, Ayusawa D. 5-Halogenated thymidine analogues induce a senescence-like phenomenon in HeLa cells. Biosci Biotechnol Biochem. 2002, 66(4): 877-9.

・Suzuki T, Michishita E, Ogino H, Fujii M, Ayusawa D. Synergistic induction of the senescence-associated genes by 5-bromodeoxyuridine and AT-binding ligands in HeLa cells. Exp Cell Res. 2002, 276(2): 174-84.

・Ogino H, Fujii M, Satou W, Suzuki T, Michishita E, Ayusawa D. Binding of 5-bromouracil-containing S/MAR DNA to the nuclear matrix. DNA Res. 2002, 9(1): 25-9.

2001年
・Suzuki T, Yaginuma M, Oishi T, Michishita E, Ogino H, Fujii M, Ayusawa D. 5-Bromodeoxyuridine suppresses position effect variegation of transgenes in HeLa cells. Exp Cell Res. 2001, 266(1): 53-63.

・Suzuki T, Minagawa S, Michishita E, Ogino H, Fujii M, Mitsui Y, Ayusawa D. Induction of senescence-associated genes by 5-bromodeoxyuridine in HeLa cells. Exp Gerontol. 2001, 36(3): 465-74.

・Sado K, Ayusawa D, Enomoto A, Suganuma T, Oshimura M, Sato K, Koyama H. Identification of a mutated DNA ligase IV gene in the X-ray-hypersensitive mutant SX10 of mouse FM3A cells. J Biol Chem. 2001 276:9742-8.

2000年
・Ishiia H, Sasaki Y, Goshima Y, Kanai Y, Endou H, Ayusawa D, Ono H, Miyamae T, Misu Y. Involvement of rBAT in Na(+)-dependent and -independent transport of the neurotransmitter candidate L-DOPA in Xenopus laevis oocytes injected with rabbit small intestinal epithelium poly A(+) RNA. Biochim Biophys Acta. 2000 1466:61-70.

・Fujiwara J, Fujii M, Shimoda M, Ayusawa D. Identification of the UV-responsive sequence in the human tissue plasminogenactivator gene. Biosci Biotechnol Biochem. 2000, 64(5):1084-7.

1999年
・Michishita E, Nakabayashi K, Suzuki T, Kaul SC, Ogino H, Fujii M, Mitsui Y, Ayusawa D. 5-Bromodeoxyuridine induces senescence-like phenomena in mammalian cells regardless of cell type or species. J Biochem (Tokyo). 1999, 126(6): 1052-9.

・Fujii M, Joguchi A, Ogino H, Nakabayashi K, Ayusawa D. Dephosphorylation of specific proteins during induction of senescence in immortal human fibroblasts expressing thermolabile SV40 T antigen. Biosci Biotechnol Biochem. 1999, 63(6): 1116-8.

・Fujii M, Ide A, Nakabayashi K, Joguchi A, Ogino H, Ayusawa D. The introduction of dominant-negative p53 mutants suppresses temperature shift-induced senescence in immortal human fibroblasts expressing a thermolabile SV40 large T antigen. J Biochem (Tokyo). 1999, 125(3): 531-6.

1998年
・Michishita E, Nakabayashi K, Ogino H, Suzuki T, Fujii M, Ayusawa D. DNA topoisomerase inhibitors induce reversible senescence in normal human fibroblasts. Biochem Biophys Res Commun. 1998, 253(3): 667-71.

・Ogino H, Nakabayashi K, Michishita E, Scherer SW, Fujii M, Suzuki T, Ayusawa D. Clustering of human chromosome fragments on the mouse genome by chromosome-mediated gene transfer. DNA Res. 1998, 5(4) :247-50.

・Ide A, Fujii M, Nakababashi K, Ayusawa D. Suppression of senescence in normal human fibroblasts by introduction of dominant-negative p53 mutants or human papilloma virus type 16 E6 protein. Biosci Biotechnol Biochem. 1998, 62(7): 1458-60.

・Ishii N, Fujii M, Hartman PS, Tsuda M, Yasuda K, Senoo-Matsuda N, Yanase S, Ayusawa D, Suzuki K. A mutation in succinate dehydrogenase cytochrome b causes oxidative stress and ageing in nematodes. Nature. 1998, 394(6694): 694-7.

・Ogino H, Nakabayashi K, Suzuki M, Takahashi E, Fujii M, Suzuki T, Ayusawa D. Release of telomeric DNA from chromosomes in immortal human cells lacking telomerase activity. Biochem Biophys Res Commun. 1998, 248(2): 223-7.

・Fujii M, Ishii N, Joguchi A, Yasuda K, Ayusawa D. A novel superoxide dismutase gene encoding membrane-bound and extracellular isoforms by alternative splicing in Caenorhabditis elegans. DNA Res. 1998, 5(1): 25-30.

1997年
Nakabayashi K, Ogata T, Fujii M, Tahara H, Ide T, Wadhwa R, Kaul SC, Mitsui Y, Ayusawa D. Decrease in amplified telomeric sequences and induction of senescence markers by introduction of human chromosome 7 or its segments in SUSM-1. Exp Cell Res. 1997, 235(2): 345-53.

-著書等-

2013年
・鮎沢大、三木健輔、Mohammad N Hossain:生命の科学 アーユルヴェーダ サンガ文庫

2009年
・鮎沢大:アーユルヴェーダ―インド5千年の智慧が伝える不老長寿の科学 サンガ

2007年
・鮎沢大:不老長寿の医学「老化のサインはアカが出なくなること」病態を解析するプロテオミクス、1010 15:7-9、2007 草隆社

2005年
・鮎沢大、請川亮:病態を解析するプロテオミクス、ぶんせき2005、11、600-606、2005
・鮎沢大:不老不死、綜合臨床 54:168-170, 2005
・粟屋昭:
「アトピー性皮膚炎の小児のほくろの数は、健常児に比べ少ない」というスウェーデンの報告について--メラノサイト免疫学のパラダイム開拓が求められる--アレルギー・免疫 Vol.12, No.8, 2005, 12141217

2004年
・Ayusawa, D: Role of the nuclear matrix in cellular senescence. 「Nuclear Dynamics」: Approaches from Molecular, Biochemical and Visual Biology (Nagata K and Takeyasu K eds.) 2004, Springer-Verlag Inc.
・鮎沢大:5-ブロモデオキシウリジンのクロマチンへの作用と細胞老化の誘導機構、日本農芸化学会誌 78:41-44,2004
・鮎沢大:不老不死を求めて、横浜市立大学論叢56巻第3号 p39-43, 2004
・粟屋昭:花粉惹起(誘導)疾患のいくつもの存在を実証する研究の着手の急務-「川崎病のtriggerは、花粉であろう」という知見を出発点として-アレルギーの臨床24(5)2004376-379.

2003年
・山内正剛、鮎沢大:細胞の増殖と成長因子、生物薬科学実験講座第6巻(井出利憲編)、p75-84, 2003 廣川書店
・Ayusawa, D: Therapeutic induction of cellular senescence: Nuclear matrix in senescence. Ageing of cells In and Outside the Body (Kaul SC and Wadhwa R eds.) p239-255, 2003, Kluwer Academic Publishers
・鮎沢大:生体機能と老化、日本食品新素材研究会誌 6:29-37, 2003

2002年
・鮎沢大:病態プロテオミクス、課題と展望 現代化学増刊 42:83-86, 2002
・道下江利子、鮎沢大:細胞老化におけるクロマチンタンパク質の変動 現代化学増刊 42:158-164, 2002
・鮎沢大、道下江利子:細胞老化における核マトリックスのプロテオーム解析 医学のあゆみ 202:359-363, 2002
・鮎沢大:「医学大辞典」(伊藤正男、井村裕夫、高久史麿編集)医学書院(分担執筆)2002

2001年
・鮎沢大:老化と分子メカニズム、皮膚科の臨床 43:1261-1269, 2001
・鮎沢大:「免疫学辞典」(大沢利昭他編集)東京化学同人(分担執筆)2001
・鮎沢大:日経産業新聞記事(2001.7.16)活性酸素耐性 線虫変異株と寿命

2000年
・鮎沢大、藤井道彦、鈴木敏和:細胞老化を支配する遺伝子、化学と生物 38:224-229, 2000


-学会発表-
2017年
・髙氏裕貴、圓敦貴、三木健輔、鮎沢大、藤井道彦. タンパク質合成制限による細胞老化制御機構の解析. 日本農芸化学会2017年度大会 京都

・三木健輔、髙氏裕貴、Mohammad N Hossain、山内正剛、鮎沢大、藤井道彦. アーユルヴェーダ植物の放射線防御効果. 日本農芸化学会2017年度大会 京都

2016年
・髙氏裕貴、圓敦貴、三木健輔、鮎沢大、藤井道彦. タンパク質合成制限による細胞老化制御機構の解析. 第39回日本分子生物学会 横浜

圓敦貴、新井留実、三木健輔、鮎沢大、藤井道彦. 細胞老化における核膜タンパク質の役割. 第39回日本分子生物学会 横浜

・松尾遼、山上義巳、三木健輔、鮎沢大、藤井道彦. 出芽酵母Saccharomyces cerevisiaeを用いた酸化ストレス調節機構の解明. 第39回日本分子生物学会 横浜

・西本暢尭、武田あすか、山上義巳、Mohammad N Hossain、三木健輔、鮎沢大、藤井道彦. 線虫の寿命を延長するアーユルヴェーダハーブの探索. 第39回日本分子生物学会 横浜

・新井留実、圓敦貴、三木健輔、藤井道彦、鮎沢大. 細胞老化における核膜タンパク質の役割. 第39回日本基礎老化学会大会 2016年5月 伊勢原

・圓敦貴、新井留実、藤井道彦. 細胞老化における核膜構造の変化. 第39回日本基礎老化学会大会 2016年5月 伊勢原

2015年

・髙氏裕貴、和田卓巳、工藤生、三木健輔、藤井道彦、鮎澤 . タンパク質合成制限によるヒト細胞老化の抑制.日本農芸化学会2015年度大会 岡山

・森野香子、山上 義巳、三木 健輔、Mohammad N Hossain、鮎沢 大、藤井 道彦. 表皮角化細胞の増殖を促進するアマラキ(Emblica officinalis)含有成分の解析. 日本農芸化学会2015年度大会 岡山

・髙氏裕貴、和田卓巳、武田あすか、工藤生、三木健輔、藤井道彦、鮎澤 . タンパク質の緩やかな合成制限は老化を抑制する. 日本基礎老化学会第38回大会 横浜

Yuki Takauji, Takumi Wada, Asuka Takeda, Ikuru Kudo, Kensuke Miki, Michihiko Fujii and Dai Ayusawa. MILD RESTRICTION OF PROTEIN SYNTHESIS ABOLISHES ALL ASPECTS OF SENESCENT PHENOTYPES AT CELLULAR AND INDIVIDUAL LEVELS. 10th IAGG Asia/Oceania Congress Chiang Mai, Thailand

Yuki Takauji, Takumi Wada, Asuka Takeda, Ikuru Kudo, Kensuke Miki, Michihiko Fujii and Dai Ayusawa. Restriction of protein synthesis abolishes senescence features at cellular and organismal levels. 20回静岡健康・長寿学術フォーラム

・三木 健輔、山上 義巳、早川 清、早川 靖彦、鮎澤 大、藤井 道彦. エレクトロポレーション法を用いた様々な生物種への遺伝子導入. BMB2015 神戸

・松尾 遼、山上 義巳、三木 健輔、鮎澤 大、藤井 道彦. 出芽酵母Saccharomyces cerevisiaeを用いた酸化ストレス調節機構の解析. BMB2015 神戸

・圓 敦貴、新井 留実、請川 亮、三木 健輔、鮎澤 大、藤井 道彦. 細胞老化における核膜構造の変化. BMB2015 神戸

・高氏 裕貴、和田 卓巳、武田 あすか、工藤 生、三木 健輔、藤井 道彦、鮎澤 . タンパク質合成制限は老化を抑制する. BMB2015 神戸

2014年
・末松佑理、山上義巳、三木健輔、藤井道彦、鮎沢大: "5-ブロモデオキシウリジンによる老化応答遺伝子のヌクレオソーム構造の変化" 日本農芸化学会. (20140327-20140330). 東京

・高氏裕貴、森野香子、三木健輔、山内正剛、Hossain Mohammad N、藤井道彦、鮎沢大: "DNA損傷に対するアーユルヴェーダハーブの防御効果" 日本農芸化学会. (20140327-20140330). 東京

・武田あすか、三木健輔、藤井道彦、鮎沢大: "線虫の脂肪蓄積を抑制するアーユルヴェーダハーブの探索" 日本農芸化学会. (20140327-20140330). 東京

・米倉佑香、Hossain Mohammad N、三木健輔、山下律郎、藤井道彦、鮎沢大: "アーユルヴェーダハーブのヒト毛乳頭細胞における遺伝子発現への効果" 日本農芸化学会. (20140327-20140330). 東京

・十文字浩美、三木健輔、Hossain Mohammad N、山下律郎、藤井道彦、鮎沢大: "メラノサイトの機能に影響を及ぼすアーユルヴェーダハーブの探索" 日本農芸化学会. (20140327-20140330). 東京

・山上義巳、早川清、早川靖彦、三木健輔、藤井道彦、鮎沢大: "エレクトロポレーション法による様々な生物種への遺伝子導入" 日本農芸化学会. (20140327-20140330). 東京

・髙氏裕貴、和田卓巳、工藤生、新井留実、圓敦貴、山上義巳、三木健輔、藤井道彦、鮎沢大. 高分子合成不均衡の是正によるヒト細胞老化の抑制. 第37回日本分子生物学会. 横浜

・新井留実、三木健輔、藤井道彦、鮎沢大. 細胞老化における核膜タンパク質の役割.37回日本分子生物学会. 横浜

・工藤生、野沢愛実、三木健輔、藤井道彦、鮎沢大. 細胞老化におけるMAPキナーゼおよび細胞周期チェックポイント機構の役割.37回日本分子生物学会. 横浜

末松佑理、山上義巳、三木健輔、藤井道彦、鮎沢大:5-ブロモデオキシウリジンで誘導されたヒト老化細胞におけるヌクレオソーム構造変化の解析. 37回日本分子生物学会. 横浜


2013年
・山上 義巳、三木 健輔、藤井 道彦、鮎沢 : "準致死量の界面活性剤によるヒト正常細胞の未成熟老化の誘導機構" 日本農芸化学会2013年度大会. 仙台

・三木 健輔、粕谷 裕樹、Mohammad N HOSSAIN、山下律郎、藤井道彦、鮎沢大: "メラノサイト機能に影響を及ぼすアーユルヴェーダハーブの探索" 日本農芸化学会2013年度大会. 仙台

・工藤 生、伊藤 陽平、古賀 慎太郎、Mohammad N Hossain、三木 健輔、藤井 道彦、鮎沢 : "Gタンパク質γサブユニットGNG11の細胞老化における役割" 日本農芸化学会2013年度大会. 仙台

・新井 留実、三木 健輔、藤井 道彦、鮎沢 : "細胞老化に伴う核内及び核膜構造の変化" 日本農芸化学会2013年度大会. 仙台(宮城県)

・杉本 量平、野沢 愛美、米倉 隆造、三木 健輔、藤井 道彦、鮎沢 : "チェックポイントキナーゼ(Chk1, 2)の過剰チミジンによる細胞老化誘導における役割" 日本農芸化学会2013年度大会. 仙台

・和田 卓巳、三木 健輔、藤井 道彦、鮎沢 : "細胞老化の不均衡増殖モデルの検証" 日本農芸化学会2013年度大会. 仙台(宮城県)

・高氏 裕貴、尾崎 洋子、三木 健輔、山内 正剛、Mohammad Nazir Hossain、藤井 道彦、鮎沢 : "アーユルヴェーダハーブの放射線防護効果" 日本農芸化学会2013年度大会. 仙台

・米倉 佑香、山口 葉子、Mohammad N Hossain、三木 健輔、山下 律郎、藤井 道彦、鮎沢 : "ヒト毛乳頭細胞におけるアーユルヴェーダハーブの生理作用" 日本農芸化学会2013年度大会. 仙台

・和田卓己、高氏裕貴、山上義巳、三木健輔、藤井道彦、鮎沢大: "細胞老化を導く不均衡増殖の是正" 日本分子生物学会. (20131203-20131206). 神戸

・新井留実、三木健輔、藤井道彦、鮎澤大: "細胞老化に伴う核内及び核膜構造の変化" 日本分子生物学会. (20131203-20131206). 神戸

・工藤生、伊藤陽平、古賀慎太郎、Hossain Mohammad N、三木健輔、藤井道彦、鮎沢大: "Gタンパク質γサブユニットGNG11の細胞老化における役割" 日本分子生物学会. (20131203-20131206). 神戸

・高氏裕貴、森野香子、三木健輔、山内正剛、Hossain Mohammad N、藤井道彦、鮎澤大: "アーユルヴェーダハーブのDNA損傷防護作用" 日本分子生物学会. (20131203-20131206). 神戸

・山上義巳、早川清、早川靖彦、三木健輔、藤井道彦、鮎沢大: "NEPA21を用いた電気パルス法による細胞への遺伝子導入" 日本分子生物学会. (20131203-20131206). 神戸


2012年

山口 葉子、Mohammad N Hossain、三木 健輔、山下 律郎、藤井 道彦、鮎沢 大:ヒト毛乳頭細胞におけるアーユルヴェーダハーブの生理作用. 日本農芸化学会2012年度大会 京都

新井 留実、谷脇 歩美、三木 健輔、藤井 道彦、鮎沢 大:ヒト老化細胞における核内構造の変化.日本農芸化学会2012年度大会 京都

三木 健輔、三田 充真MOHAMMAD N Hosasin、山下 律郎、藤井 道彦、鮎沢 大:アーユルヴェーダハーブによる線維芽細胞の増殖効果、日本農芸化学会 2012年度大会

・山上 義巳、藤井 道彦、鮎沢 大:準致死量の界面活性剤によるヒト正常細胞の未成熟老化の誘導機構、日本農芸化学会 2012年度大会

・工藤 生
、伊藤 陽平、古賀 慎太郎、Mohammad N Hossain、三木 健輔、藤井 道彦、鮎沢 大:Gタンパク質γサブユニットGNG11の細胞老化における役割、日本農芸化学会 2012年度大会 京都


2011年
・山口 葉子、MOHAMMAD N Hossain、三木 健輔、山下 律郎、藤井 道彦、鮎沢 大:老化に伴う5αR1の発現量の変化、日本農芸化学会 2011年度大会 (20113月:京都)

・山本 裕介、山上 義巳、三木 健輔、藤井 道彦、鮎沢 大:電気パルス法を用いた老廃物障害による細胞老化の誘導、日本農芸化学会 2011年度大会 (20113月:京都)

・根本 英比古、三田 充真、山上 義巳、三木 健輔、MOHAMMAD N Hossain、山下 律郎、藤井 道彦、鮎沢 大:ガン細胞に特異的な増殖阻害活性を示すアーユルヴェーダハーブの有効成分の同定、日本農芸化学会 2011年度大会 (20113月:京都)

・三田 充真、根本 英比古、山口 葉子、三木 健輔、MOHAMMAD N Hosasin、山下 律郎、藤井 道彦、鮎沢 大:アーユルヴェーダハーブによる線維芽細胞の増殖効果、日本農芸化学会 2011年度大会 (20113月:京都)

・三木 健輔、山本 祐介、早川 清、早川 靖彦、藤井 道彦、鮎沢 大:電気パルス法を用いた接着細胞へのin situ遺伝子導入、日本農芸化学会 2011年度大会 (20113月:京都)

・工藤 生、伊藤 陽平、古賀 慎太郎、Mohammad N Hossain、三木 健輔、藤井 道彦、鮎沢 大:Gタンパク質γサブユニットGNG11の細胞老化における役割、日本農芸化学会 2011年度大会 (20113月:京都)

・山上 義巳、藤井 道彦、鮎沢 大:準致死量の界面活性剤によるヒト正常細胞の未成熟老化の誘導機構、日本農芸化学会 2011年度大会 (20113月:京都)

・米倉 隆造、松本 祐子、小林 裕介、藤井 道彦、鮎沢 大:高濃度塩化ナトリウムによる細胞の老化誘導、日本農芸化学会 2011年度大会 (20113月:京都)

・野沢 愛実、藤井 道彦、鮎沢 大:細胞老化におけるp21の役割、日本農芸化学会 2011年度大会 (20113月:京都)

溝渕 翔吾藤井 道彦鮎沢 大: 出芽酵母Saccharomyces cerevisiaeを用いた活性酸素抵抗性遺伝子の単離と解析.日本分子生物学会. (20111214). パシフィコ横浜

・川口 竜、中川 優、藤井 道彦鮎沢 大: 出芽酵母Saccharomyces cerevisiaeにおける5-ブロモデオキシウリジンの作用機構の解析.日本分子生物学会. (20111214). パシフィコ横浜

三木 健輔、山本 祐介、早川 清、早川 靖彦、藤井 道彦、鮎沢 大:電気パルス法を用いた接着細胞へのin situ遺伝子導入.日本分子生物学会. (20111214). パシフィコ横浜

2010年

・中川 優、三木 健輔、藤井 道彦、鮎沢 大:出芽酵母 Saccharomyces cerevisiae における5−ブロモデオキシウリジン耐性機構の解析、日本農芸化学会 2010年度大会 (2010年3月:東京)

・山上 義巳、藤井 道彦、鮎沢 大:界面活性剤の細胞毒性、日本農芸化学会 2010年度大会 (2010年3月:東京)

・杉本 量平、三木 健輔、山上 義巳、Mohammad N Hossain、山下 律郎1、藤井 道彦、鮎沢 大:表皮角化細胞の増殖を促進するアマラキ(Emblica officinalis)含有成分の同定、日本農芸化学会 2010年度大会 (2010年3月:東京)

・三木 健輔、勝又 三映子、Mohammad N Hossain、山下 律郎、藤井 道彦、鮎沢 大:メラノサイト機能へ影響を及ぼすアーユルヴェーダハーブの探索、日本農芸化学会 2010年度大会 (2010年3月:東京)

・根本 英比古、山上 義巳、三木 健輔、Mohammad N Hossain、山下 律郎、藤井 道彦、鮎沢 大:ガン細胞に特異的な増殖阻害活性を示すアーユルヴェーダ植物の探索、日本農芸化学会 2010年度大会 (2010年3月:東京)

・米倉 隆造、松本 祐子、小林 裕介、藤井 道彦、鮎沢 大:高濃度の塩化ナトリウムによる細胞の老化誘導、日本農芸化学会 2010年度大会 (2010年3月:東京)

・工藤 生、伊藤 陽平、古賀 慎太郎、Mohammad N Hossain、三木 健輔、藤井 道彦、鮎沢 大:Gタンパク質γサブユニットGNG11の細胞老化における役割、日本農芸化学会 2010年度大会 (2010年3月:東京)

・小林 裕介、蕭 淑麗、藤井 道彦、鮎沢 大:細胞老化におけるMAPKの役割、日本農芸化学会 2010年度大会 (2010年3月:東京)

・山本 裕介、澁谷 大輔、三木 健輔、早川 靖彦1、藤井 道彦、鮎沢 大:電気パルス法を用いた遺伝子導入効率の最適化、日本農芸化学会 2010年度大会 (2010年3月:東京)

・藤井 道彦、鹿谷 一樹、鮎沢 大:線虫C. elegansの酸化ストレス高感受性変異体oxy-4の解析、日本農芸化学会 2010年度大会 (2010年3月:東京)

・三木 健輔、山本 祐介、早川 清、早川 靖彦、藤井 道彦、鮎沢 大:電気パルス法を用いた遺伝子導入効率の最適化、BMB2010201012月:神戸)

・上野峻介、藤井 道彦、鮎沢 大:線虫(Caenorhabditis elegans)における高濃度酸素感受性遺伝子の探索、BMB2010201012月:神戸

・工藤 生、伊藤 陽平、古賀 慎太郎、Mohammad N Hossain、三木 健輔、藤井 道彦、鮎沢 大:Gタンパク質γサブユニットGNG11の細胞老化における役割、BMB2010201012月:神戸)


2009年
・鹿谷 一樹、藤森 力、安武 貴一、三木 健輔、藤井 道彦、鮎沢 大:線虫 Caenorhabditis elegans の活性酸素感受性変異体の解析、日本農芸化学会 2009年度大会 (2009年3月:福岡)

・中川 優、三木 健輔、藤井 道彦、鮎沢 大:出芽酵母 Saccharomyces cerevisiae における5-ブロモデオキシウリジン耐性機構の解析、日本農芸化学会 2009年度大会 (2009年3月:福岡)

・古賀 慎太郎、Mohammad N HOSSAIN、藤井 道彦、鮎沢 大:Gタンパク質γサブユニットGNG11の細胞老化における役割、日本農芸化学会 2009年度大会 (2009年3月:福岡)

・米倉 隆造、松本 祐子、小林 裕介、藤井 道彦、鮎沢 大:高濃度食塩による細胞の老化誘導、日本農芸化学会 2009年度大会 (2009年3月:福岡)

・飯塚 晃彦、山上 義巳、三木 健輔、Mohammad N Hossain、山下 律朗、藤井 道彦、鮎沢 大:ガン細胞に特異的な増殖阻害活性を示すアーユルヴェーダハーブの探索、日本農芸化学会 2009年度大会 (2009年3月:福岡)

・三木 健輔、羽野 博之、大川 裕美、山上 義巳、Mohammad N Hossain、山下 律郎、藤井 道彦、鮎沢 大:ヒト表皮角化細胞におけるインドスグリの作用、日本農芸化学会 2009年度大会 (2009年3月:福岡)

・山上 義巳、藤井 道彦、鮎沢 大:界面活性剤の細胞毒性、日本農芸化学会 2009年度大会 (2009年3月:福岡)

・蕭 淑麗、小林 裕介、伊藤 陽平、藤井 道彦、鮎沢 大:細胞老化におけるMAPキナーゼの役割、日本農芸化学会 2009年度大会 (2009年3月:福岡)

・勝又 三映子、Mohammad N Hossain、山下 律郎、藤井 道彦、鮎沢 大:メラノサイト機能に影響を及ぼすアーユルヴェーダハーブの探索、日本農芸化学会 2009年度大会 (2009年3月:福岡)

・永野 瑛子、伊藤 陽平、Mohammad N Hossain、山下 律郎、藤井 道彦、鮎沢 大:アーユルヴェーダハーブによる毛球細胞の増殖促進機序、日本農芸化学会 2009年度大会 (2009年3月:福岡)


2008年
・鳥山敦、大川裕美、永野瑛子、Hossain, Mohammad N、山下律郎、藤井道彦、鮎沢大:ハーブを用いたヒト皮膚細胞の老化防止、日本農芸化学会 2008年度大会(2008年3月:名古屋)

・谷孝二、山下律郎、梁優香、Mohammad N, HOSSAIN、藤井道彦、鮎沢大:アーユルヴェーダハーブによる線維芽細胞のI型プロコラーゲン遺伝子の発現誘導、日本農芸化学会 2008年度大会(2008年3月:名古屋)

・高山愼一、藤井道彦、鮎沢大:出芽酵母 Saccharomyces cerevisiae における5-ブロモデオキシウリジン耐性化機構の遺伝学的解析、日本農芸化学会 2008年度大会(2008年3月:名古屋)

・三木健輔、清水光弘、藤井道彦、鮎沢大:5-ブロモデオキシウリジンによるヌクレオソーム形成の不安定化機構、日本農芸化学会 2008年度大会(2008年3月:名古屋)

・山上義巳、愛知泰成、藤井道彦、鮎沢大:新規細胞老化関連遺伝子の解析、日本農芸化学会 2008年度大会(2008年3月:名古屋)

・米倉隆造、松本祐子、小林裕介、藤井道彦、鮎沢大:高濃度NaClによる細胞の老化誘導、日本農芸化学会 2008年度大会(2008年3月:名古屋)

・藤井道彦、安武貴一、鮎沢大:線虫Caenorhabditis elegansの活性酸素感受性変異体の解析、日本農芸化学会 2008年度大会(2008年3月:名古屋)


2007年
・粕壁隆一郎、Mohammad, Nazir Hossain、米倉隆造、山下律郎、藤井道彦、鮎沢大:アーユルヴェーダハーブによる表皮角化細胞の増殖促進作用、日本農芸化学会 2007年度大会(2007年3月:東京)

・梁優香、鳥山敦、Mohammad, Nazir Hossain、山下律郎、藤井道彦、鮎沢大:アーユルヴェーダハーブによる線維芽細胞の障害回復作用、日本農芸化学会 2007年度大会(2007年3月:東京)

・三木健輔、藤井道彦、清水光弘、鮎沢大:5-ブロモデオキシウリジンのヌクレオソーム構造への作用、日本農芸化学会2007年度大会(2007年3月:東京)

・高山愼一、藤井道彦、鮎沢大:出芽酵母Saccharomyces cerevisiaeにおける5-ブロモデオキシウリジン耐性化機構の解析、日本農芸化学会2007年度大会(2007年3月:東京)

・小林裕介、熊谷温子、藤井道彦、鮎沢大:細胞老化におけるMAPKの役割、日本農芸化学会2007年度大会(2007年3月:東京)


2006年
・遠藤壮朗、藤井道彦、鮎沢大:細胞老化におけるヒトpregnancy-specific beta 1-glycoprotein(PSG)遺伝子群の機能解析、日本農芸化学会 2006年度大会(2006年3月:京都)

・請川亮、藤井道彦、鮎沢大:細胞老化におけるラミン及びその前駆体蓄積の役割、日本農芸化学会2006年度大会(2006年3月:京都)
・三木健輔、藤井道彦、清水光弘、鮎沢大:5-ブロモデオキシウリジンのヌクレオソーム構造への作用、日本農芸化学会2006年度大会(2006年3月:京都)

・高山愼一、藤井道彦、鮎沢大:出芽酵母Saccharomyces cerevisiaeにおける5-ブロモデオキシウリジン耐性化機構の解析、日本農芸化学会2006年度大会(2006年3月:京都)

・藤井道彦、遠山大介、鮎沢大:線虫Caenorhabditis elegansのパラコート耐性変異体の解析、日本農芸化学会2006年度大会(2006年3月:京都)


2005年
・請川亮、藤井道彦、平野久、鮎沢大:細胞老化におけるラミン前駆体蓄積の役割、第5回細胞核ダイナミクス研究会(2005年5月:箱根)
・三木健輔、藤井道彦、清水光弘、鮎沢大:5−ブロモデオキシウリジンのヌクレオソーム構造への作用、第5回細胞核ダイナミクス研究会(2005年5月:箱根)

・Nazir Hossain Mohammad, Michihiko Fujii, Dai Ayusawa : Role of hnRNPCI/C2 in cellular senescence like phenomenon、日本農芸化学会 2005年度大会(2005年3月:札幌)

・高山愼一、藤井道彦、鮎沢大:出芽酵母Saccharomycescerevisiae における5-ブロモデオキシウリジン耐性化機構の解析、日本農芸化学会 2005年度大会(2005年3月:札幌)

・遠藤壮朗、藤井道彦、鮎沢大:細胞老化におけるヒトpregnancy-specific beta 1-glycoprotein(PSG)遺伝子群の機能解析、日本農芸化学会 2005年度大会(2005年3月:札幌)

・請川亮、藤井道彦、鮎沢大:細胞老化におけるラミン前駆体蓄積の役割、日本農芸化学会 2005年度大会(2005年3月:札幌)
・三木健輔、藤井道彦、鮎沢大:5−ブロモデオキシウリジンのヌクレオソーム構造への作用、日本農芸化学会 2005年度大会(2005年3月:札幌)

・藤井 道彦、三木 健輔、鮎沢 大:線虫Caenorhabditis elegansの活性酸素感受性変異体の解析、日本農芸化学会 2005年度大会(2005年3月:札幌)


2004年
・藤井道彦、三木健輔、石井直明、鮎沢大: Characterization of paraquat-resistant mutants in nematode Caenorhabditis elegans.日本基礎老化学会(2004年6月:東京)

・請川亮、藤井道彦、川崎博史、平野久、鮎沢大:BrdUによる細胞老化のプロテオーム解析、日本農芸化学会 2004年度大会(2004年3月:広島)

・皆川吉、澄川絵美、中林一彦、藤井道彦、Scherer SW、鮎沢大:ブロモデオキシウリジンを用いた老化誘導遺伝子の機能および染色体座解析, 日本農芸化学会 2004年度大会(2004年3月:広島)

・佐藤渉、谷本浩至、請川亮、藤井道彦、鮎沢大:ヘキスト耐性変異細胞株を用いた5-ブロモデオキシウリジンの作用機序の解析、日本農芸化学会2004年度大会(2004年3月:広島)

・Hossain MN, Fujii M, Ayusawa, D:Mutants ES cells having a knock out hnRNP C1/C2 show increased sensitivity to 5-halogenated deoxyuridine, 日本農芸化学会 2004年度大会(2004年3月:広島)

・藤井道彦、三木健輔、鮎沢大:線虫Caenorhabditis elegansのパラコート耐性変異体mev-4の解析、日本農芸化学会 2004年度大会(2004年3月:広島)

・Arivazhagan P, Mizutani E, Miki K, Fujii M, Ayusawa D:Role of phospholipids in induction of premature senescence in human cells、日本農芸化学会 2004年度大会(2004年3月:広島)


2003年
・佐藤渉、鈴木敏和、野口健晴、藤井道彦、鮎沢大: AT-hook蛋白質による5-ブロモデオキシウリジン老化誘導系の増強の解析、日本農芸化学会 2003年度大会(2003年3月:藤沢)

・藤井 道彦、松本 由貴、鈴木 敏和、石井 直明、鮎沢 大:線虫Caenorhabditis elegansのパラコート耐性変異体mev-4の解析、日本農芸化学会 2003年度大会(2003年3月:藤沢)

・高橋 裕一郎、道下 江利子、請川 亮、前川 直之、藤井 道彦、鮎沢 大:ヒト正常細胞の老化に伴う核蛋白質の変動、日本農芸化学会 2003年度大会(2003年3月:藤沢)

・皆川吉、中林一彦、鈴木敏和、藤井道彦、Stephen W. Scherer、鮎沢大:ブロモデオキシウリジンを用いた老化誘導遺伝子のプロファイリング、日本農芸化学会 2003年度大会(2003年3月:藤沢)

・高山慎一、Hossain,M.N.、山田亜希子、鈴木敏和、藤井道彦、鮎沢大:出芽酵母Saccharomyces cerevisiaeにおける5-ブロモデオキシウリジン耐性変異株の取得と解析、日本農芸化学会 2003年度大会(2003年3月:藤沢)

・道下江利子、倉橋敏裕、藤井道彦、鈴木敏和、鮎沢大:細胞の老化誘導初期における核マトリックス蛋白質の解析、第25回日本基礎老化学会(2002年5月:筑波)


2002年
・鈴木敏和、岩田知子、皆川吉、藤井道彦、鮎沢大:5-ブロモデオキシウリジンを用いた細胞老化応答遺伝子の大規模探索、第25回日本基礎老化学会(2002年5月:筑波)

・藤井道彦、松本由貴、鈴木敏和、石井直明、鮎沢大:線虫Caenorhabditis elegansより活性酸素感受性変異体の取得、第25回日本基礎老化学会(2002年5月:筑波)

・鈴木敏和、岩田知子、皆川吉、道下江利子、藤井道彦、鮎沢大:Large Scale Screening for Senescence-Associated Genes with 5-Bromodeoxyuridine and Immortal Cell Lines、First Conference on Functional Genomics of Ageing(2002年4月:スペイン)

・藤井道彦、田中菜苗、城口敦弘、鈴木敏和、石井直明、鮎沢大: Isolation of Mutants with Altered Sensitivity to Oxidative Stress in Nematode Caenorhabditis elegans, First Conference on Functional Genomics of Ageing(2002年4月:スペイン)

・道下江利子、鈴木敏和、荻野秀樹、藤井道彦、鮎沢大:Role of the Nuclear Matrix in the Senescence-Like Phenomenon Induced by 5-Bromodeoxyuridine in Hela Cells, First Conference on Functional Genomics of Ageing(2002年4月:スペイン)

・佐藤渉、野口健晴、鈴木敏和、藤井道彦、鮎沢大:5-ブロモデオキシウリジンによる細胞老化誘導機構の解析、日本農芸化学会 2002年度大会(2002年3月:仙台)

・藤井道彦、田中菜苗、松本由貴、鈴木敏和、石井直明、鮎沢大 : 線虫Caenorhabditis elegansの活性酸素感受性変異体の解析、日本農芸化学会 2002年度大会(2002年3月:仙台)

・岩田知子、鈴木敏和、小牧大祐、皆川吉、藤井道彦、鮎沢大 :ブロモデオキシウリジンを用いた細胞老化応答遺伝子の完全カタログの作製、日本農芸化学会 2002年度大会(2002年3月:仙台)

・鈴木敏和、岩田知子、小牧大祐、皆川吉、藤井道彦、鮎沢大:ブロモデオキシウリジンを用いた細胞老化応答遺伝子の大規模探索、日本薬学会 第122年会(2002年3月:千葉)


2001年
・鮎沢大、鈴木敏和、道下江利子、荻野秀樹、藤井道彦:細胞老化における新規「核マトリックス理論」の検証、第24回日本分子生物学会(2001年12月:横浜)

・野口健晴、佐藤渉、道下江利子、鈴木敏和、藤井道彦、鮎沢大:細胞老化におけるAT-hookタンパク質の役割の解析、第24回日本分子生物学会(2001年12月:横浜)

・鈴木敏和、道下江利子、荻野秀樹、藤井道彦、鮎沢大:ブロモデオキシウリジンによる細胞老化関連遺伝子誘導機構の解析、第24回日本分子生物学会(2001年12月:横浜)

・倉橋敏裕、道下江利子、鈴木敏和、藤井道彦、鮎沢大:5-ハロゲン化デオキシウリジン抵抗性マウスFM3A細胞変異株の分離と解析、第24回日本分子生物学会(2001年12月:横浜)

・松本由貴、田中菜苗、藤井道彦、石井直明、鈴木敏和、鮎沢大:線虫(C.elegans)における寿命変異体の遺伝解析、第24回日本分子生物学会(2001年12月:横浜)

・鈴木敏和、岩田知子、大塚いずみ、大石武、小牧大祐、皆川吉、藤井道彦, 鮎沢大 : ブロモデオキシウリジンを用いた細胞老化誘導遺伝子の探索、第74回日本生化学会(2001年8月 :京都)

・佐藤渉、鈴木敏和、藤井道彦、鮎沢大 :ブロモデオキシウリジンによる細胞老化誘導機構の解析、第74回日本生化学会(2001年8月 :京都)

・鈴木敏和、松村直人、道下江利子、藤井道彦、鮎沢大 : ブロモデオキシウリジンによる細胞誘導機構の解析、第121回日本薬学会(2001年3月)

・荻野秀樹、内窪友美、道下江利子、鈴木敏和、藤井道彦、鮎沢大: BudRによるmyoD遺伝子発現抑制機構の解析、日本農芸化学会2001年度大会(2001年3月)

・道下江利子、松村直人、倉橋敏裕、荻野秀樹、鈴木敏和、藤井道彦、鮎沢 大:5-ハロゲン化デオキシウリジンによる細胞老化に伴い変化するクロマチン構成蛋白質の解析、日本農芸化学会2001年度大会(2001年3月)

・田中菜苗、藤井道彦、城口敦弘、鈴木敏和、石井直明、鮎沢大:線虫(C.elegans)における寿命変異体の解析、日本農芸化学会2001年度大会(2001年3月)

・伊東尚、藤井道彦、長谷川勉、鈴木敏和、鮎沢大:出芽酵母(S.cerevisiae)における5-ブロモデオキシウリジンの作用機構の解析、日本農芸化学会2001年度大会(2001年3月)


2000年
・大塚いずみ、皆川吉、鈴木敏和、藤井道彦、鮎沢大:ブロモデオキシウリジン誘導性VDUP1の細胞老化への関与、第23回日本分子生物学会(2000年12月)

・鈴木敏和、松村直人、道下江利子、柳沼美佳子、藤井道彦、鮎沢大:ブロモデオキシウリジンによる細胞老化誘導機構の解析、第23回日本分子生物学会(2000年12月)

・大石武、鈴木敏和、柳沼美佳子、藤井道彦、鮎沢大:ブロモデオキシウリジン感受性ヘテロクロマチン領域の同定、第23回日本分子生物学会(2000年12月)

・佐藤渉、鈴木敏和、藤井道彦、鮎沢大:ブロモデオキシウリジンによる細胞老化誘導機構の解析、第23回日本分子生物学会(2000年12月)

・松村直人、道下江利子、鈴木敏和、藤井道彦、鮎沢大:5-ハロゲン化デオキシウリジンによる特異的細胞老化の誘導、第23回日本分子生物学会(2000年12月)

・道下江利子、松村直人、倉橋敏裕、荻野秀樹、鈴木敏和、藤井道彦、鮎沢大:5-ハロゲン化デオキシウリジンによって誘導される老化細胞のクロマチン構成蛋白質の変化、第23回日本分子生物学会(2000年12月)

・ 荻野秀樹、内窪友美、道下江利子、鈴木敏和、藤井道彦、鮎沢大:マウス骨格筋細胞株におけるMyoD遺伝子のBudRによる発現制御機構の解析、第23回日本分子生物学会(2000年12月)

対外活動
1. 横浜産学交流セミナー「老化研究から不老長寿の実践へ」(2006年8月25日)横浜
2. ICHIBAN LIFETECH SOLUTIONS株式会社設立 (2006年8月22日)本社横浜
3. リカレント講座「老化防止の科学」(2004年1-2月、アーバンカレッジ)企画発表
4. 国際ワークショップ「International Workshop on Nuclear Dynamics」(2002年12月:木原生物学研究所)開催(企画委員)
5. リカレント講座「活性酸素と生命」—成人病の最強危険因子の謎を解く(2001年2月23日-3月9日、アーバンカレッジ)企画発表
6. 高校生遺伝子操作技術実習会 2003年7月23-25日
7. バイオテクノロジー講習会 
「遺伝子導入による蛍光タンパク質の解析-遺伝子発現と細胞内局在の観察」2001年11月6-8日
8. 研究所一日公開 2000年7月29日(土)2001年7月28日(土)2002年7月27日(土)2003年7月26日(土)2004年7月24日(土)2005年7月23日(土)2006年8月5日(土)